戸建ての人のインターネットの繋ぎ方について

戸建てに住んでいる人はインターネット回線の選択肢は非常に多いです。

対応エリア内であればどのインターネット回線でも繋ぐことができるという大きなメリットがあります。

しかし集合住宅やマンションでは設備上インターネットに繋ぐことができないインターネット回線があります。

詳しくはマンションや集合住宅の人のインターネットの繋ぎ方についてで確認してください。

戸建てはインターネット回線の選択肢が多いというのは設備上インターネット回線が絞られる集合住宅やマンションとは違い、戸建ては設備がなくても設備を作ることができるからです。

インターネット回線の選択肢について

  • 光回線
  • ケーブルテレビ
  • ADSL
  • モバイル回線

大きく分けると戸建てに問わずインターネット回線の種類は上記4種類になります。

上3つは固定回線となり、モバイル回線は無線インターネット回線になります。

最もメジャーな固定回線と言えば光回線、固定回線で契約数が最も多いインターネット回線です。

光回線の中には様々な会社がサービスを提供しており、フレッツ光・NURO光・auひかり・光コラボレーションなどがあります。

ちなみに光コラボレーションとはフレッツ光の回線をドコモやソフトバンクなど各事業者が独自のサービスに変化させて販売しているモデルのことを言います。

今まではNTTフレッツ光→お客様でしたが、NTTフレッツ光→事業者→お客様としたビジネスモデルです。そのため各事業者ごとに料金やサービスなどが違いますが、品質はフレッツ光と一緒です。

モバイル回線は今や多くのwi-fiと呼ばれているものが登場していますが、WIMAX・Yモバイルなどがあります。

ケーブルテレビとADSLに関してはコストの割に品質が悪いためおすすめできません。そのため説明は省略します。

戸建ては開通工事に時間がかかる

マンションや集合住宅の場合、インターネット開通工事はすでに設備が整っている状況での開通工事になります。

すでにマンション内に光ファイバーケーブルが引き込まれており、室内まで引き込むだけの簡単な工事ということです。

しかし戸建てのインターネット開通工事は光回線の場合は電柱から光ファイバーケーブルを引っ張ってきて自宅に通していきます。

そのため工事時間はマンションなどよりも長くなり、工事日程自体が遅くなりがちです。

また3月や4月の引っ越しシーズンは工事の日程が込み合ってしまうためさらに遅くなる傾向があります。

対策としては予定よりも早めに申し込みを行い、工事日程を調整しておく必要があります。

モバイル回線は最短即日でインターネットが開通し、工事の必要はありません。

戸建てはマンションや集合住宅よりも料金が高い

光回線などの固定回線はマンションや集合住宅よりも料金が高く設定されています。

まず戸建てタイプとマンションタイプに料金が分かれており、料金的には1000円程度違ってきます。

マンションタイプは1本の光回線をマンション内の複数のユーザーで分け合って利用するため使用状況によって通信速度や安定性に影響がでます。

しかし戸建てタイプは1本の光回線を独占できるため通信速度が安定しており、より快適なインターネット環境となります。

WIMAXでインターネットに繋ぐ
当サイトおすすめのWIMAXプロバイダーを比較しています。

光回線でインターネットに繋ぐ
オプション加入なしで高額キャッシュバックを受け取れる代理店を紹介しています